Let's find out how to spend a beautiful life.

バルサの試合を観るためにスペインの田舎町Vilarealまで行ってきた!

f:id:pochicanada:20180109215633j:image 

バルサの試合のために、ビジャレアルに行ってきました。」

ちょうど1年前の話になりますが、
バルサの試合を観るために、スペインの田舎町〈Vilareal〉まで行ってきました!
聞いたこともなかったような街でしたが、貴重な体験になったのでブログにも書き綴っておこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

バルサって?

f:id:pochicanada:20180108003845j:image

FCバルセロナ公式ウェブサイト - バルサ | FC バルセロナ公式チャンネル - FC Barcelona

サッカーにあまり詳しくない人には、聞き馴染みがないかも知れませんが、サッカー選手の《メッシ》と聞けば、誰もが知っているかと思います。
その、メッシ選手がいるのが【FCバルセロナ】というチームなのです。
私が行った当時はまだネイマールもいた頃でした。
ちなみに私が行ってきた田舎町〈Vilareal〉にもサッカーチームはあります。

ビジャレアルCF - Wikipedia
そう、いわゆるアウェーの地に行ってきたのです。

 

 

なんでわざわざアウェーの試合を観に行ったのか。

実は1度、サッカーの聖地、バルセロナカンプノウスタジアムで、バルサの試合を見ています。
そのチケットはものすごく安い値段で手に入れることができました。
日本円で約3,000円くらい。
ワクワクで見に行ってきましたが、なんとその日は、メッシ、ネイマールイニエスタブスケツ、ピケなどのスタメン選手の誰もが試合に出場しませんでしたw
普通のリーグ戦ではなく、〈国王杯〉だったこと、相手がかなりの格下だったこと、そして2016年度の最後の試合だったことが重なったせいか、彼らはベンチにも現れず…。
かなり悲しい思いをしてスタジアムをあとにしました。試合は5ー0くらいの圧勝だったんですけどね。
その後は普通に帰国しようとしていたのですが、『やっぱりメッシ達がみたい!』ということで試合を検索したところ、2017年度の初試合が【対Villarreal戦】だったのです。

 

Vilarealへの行き方

Vilarealまでは電車に乗って行きました。(ちなみによみかたはビジャレアルです)
バルセロナからビジャレアルまでは電車で約4時間。
〈Renfe〉という列車に乗って行きました。1人の乗車料金は、片道約€25。
発車時刻を調べたい時、金額を調べたい時、Go Euroは本当に便利です。
Go Euroの使い方は以前紹介しています。
使ってみたい方はぜひどうぞ。

www.blue-ribbon.fun

 

こちらがGo Euroの検索画面。

f:id:pochicanada:20180108002343j:image

Renfe
ハイシーズンでなければ、チケットは当日でも買えると思います。
ご覧のとおり、本数も結構ありますからね。
私は当日、駅で乗車券を購入しました。

 

Renfeに乗るには、バルセロナ発の場合【バルセロナ サンツ】から乗車することができます。


バルセロナ・サンツ駅 - Wikipedia

バルセロナ・サンツ駅は、バルセロナの中心地からは少し離れています。
こんなに離れていることを知らなかったので、少し時間がかかってしまいましたが、
無事にRenfeに乗ることができました。

 

サンツ駅はこんな感じです。
この頃はまだブログを持っていなかったので、細かいところまで写真を撮っていませんでした。
Instagramから拝借します。

 

バルセロナを出発すると、次第にこのような田園風景が広がります。
見るからにのんびり~!
列車の旅を楽しみます。

f:id:pochicanada:20180108173332j:image

4時間で無事にビジャレアルに到着!
最後の方はRenfe内もガラガラでした。
正直、Renfeの乗り心地はあんまりでした。
硬い椅子だったし、地元民っぽいおじさんがずーっと携帯電話で喋っていたせいで眠れず。
寝たら寝たで荷物が危険だから、寝ないのが正解ですけどね。
着いてみるととってもいい天気で、気分も晴れ晴れ!

f:id:pochicanada:20180108173500j:image

ビジャレアルはかなり小さい駅でした。
そして何故か、駅の看板を撮影していると、「写真をとらないで!」と、注意をされてしまいました。
写真を撮りたい人は注意してください。

f:id:pochicanada:20180108173502j:image

駅の外観はこんな感じです。
小さいけど、色が鮮やかで可愛いですよね。
ヨーロッパにいるというより、中米にでもいるような気分になります。

いよいよここからホテルに向かいます。
長くなりそうなので、後編に続きます。

 

スポンサーリンク