Let's find out how to spend a beautiful life.

【目的別】都内で人気のお花見スポット三選

今回の記事では、都内で人気のお花見スポットについて紹介しようと思います。f:id:pochicanada:20180206012123j:image

都内にはたくさんのお花見スポットがありますが、やっぱりおすすめは

これらの三箇所は都内でも有数のお花見スポットですが、人気なだけあって、立地・規模・雰囲気共に最高レベル。

今回はこの三箇所を、それぞれ目的別で紹介していこうと思います。

 

食が目的なら、目黒川桜祭り!

f:id:pochicanada:20180106201956j:image

都内で一番人気のお花見スポット、目黒川。目黒川沿いに約800本のソメイヨシノが咲き乱れます。
佐々木希&渡部夫妻が入籍後に行ったお花見スポットとしても大変話題になりました。

その時のInstagramがこちら。

f:id:pochicanada:20180106202446j:image

 

目黒川アクセス

〒153-0061

東京都目黒区中目黒2丁目付近(目黒川沿道) 

【上流】東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩3分
中流東急東横線東京メトロ日比谷線 中目黒駅から徒歩1分
下流】JR山手線・東急目黒線東京メトロ南北線都営三田線 目黒駅から徒歩5分

渋谷方面から来る人は、中目黒に着く前に、電車の中から景色が見えてしまうので、あまり外は見ない方がいいかも。

f:id:pochicanada:20180206003005j:image2017年目黒川桜祭りマップ

 

目黒川の混雑具合

混雑はすごいですが、みんな同じ方向に進んで行くため、そこまで気になりませんでした。
ただし、橋の上の写真スポットはものすごい人。みんな順番待ちでセルフィーしてます。

  

目黒川は出店がたくさん!

今回紹介する3つのお花見スポットの中ではぶっちぎりの出店の量でした。
というより、他の2箇所はほとんど出店がありません。
お花見と食、どっちも楽しみたいなら、目黒川が絶対にオススメ!
大人向けのちょっとリッチな有名なお店がいっぱい!

 

目黒川の桜

f:id:pochicanada:20180106203052j:image

「渋谷とかの近くだし、都心すぎて桜なんかないんじゃないの?」

と、思っている人も多いと思いますが、桜もばっちり綺麗でした。
見頃が過ぎると、桜が散って水の上に浮かぶ、一味違ったお花見もできます。
是非とも両方とも訪れたいですね。

詳細などのお問い合わせ先はこちら。めぐろ観光まちづくり協会

 

 

仕事帰りの夜桜に!六義園

しだれ桜が有名な六義園

そのシンボルとも言えるしだれ桜は、高さ約15m、幅は約20mと圧巻の姿。

f:id:pochicanada:20180105202748j:image

交通案内 | 六義園 | 庭園へ行こう。

 

六義園へのアクセス

住所:東京都文京区本駒込六丁目

最寄り駅:JR山手線・東京メトロ南北線駒込」(N14)下車 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分
・駐車場なしf:id:pochicanada:20180106202822j:image

六義園は入場料がかかる

今回紹介するお花見スポットの中で、唯一入場料がかかります。
入場チケットを買うのにも少し並びます。

入園料
一般    300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

【20名以上の団体】
一般    240円
65歳以上 120円

身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料

 

六義園の出店

六義園にはいくつか出店があります。
お酒も販売しているので、宴会しているようなグループも多数。
しかし、テーブルは屋台は全て外なので、長居するには少し寒い。
暖かい服装をしていきましょう。

f:id:pochicanada:20180106202933j:image

 

六義園の桜

とても綺麗でしたが、メインとなる桜の木は、わずか数本。「たくさんの桜を見たい!」という人には物足りない??
しかし、桜以外にも竹林などがあり、園内は意外と広いので、お散歩しに行っても楽しそう。f:id:pochicanada:20180106202948j:image  

六義園の混雑具合

桜の周りは混雑していますが、園内が広いので、そこまで人混みは気になりませんでした。
屋台は行列ができていました。

 

六義園しだれ桜のライトアップ

平成30年3月21日(水曜日・祝日)~4月5日(木曜日)
9時00分~21時00分(最終入園は20時30分)

※期間中は、開園時間を21時00分まで延長します(最終入園は20時30分)

六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」|東京都

 

絶景を見たいなら、千鳥ヶ淵

f:id:pochicanada:20180105202823j:image

この絶景は、一度は誰もが見たことあるのではないでしょうか?よく写真でも使われています。

千鳥ヶ淵の桜の咲き具合を、こちらからwebカメラでチェックできます。→千鳥ヶ淵

 

千鳥ヶ淵へのアクセス

東京メトロ「九段下」駅2番出口より徒歩5分
東京メトロ半蔵門」駅5番出口より徒歩5分

千鳥ヶ淵の最寄り駅は九段下を降りてすぐ!
改札から大混雑しています。
待ち合わせではぐれてしまわないよう、気をつけてください。

f:id:pochicanada:20180106203012j:image

 

千鳥ヶ淵に出店はある?

千鳥ヶ淵での出店は0。
広場があるため、皆さんお弁当を持参していました。この広場がものすごく混雑しています。

本格的にお花見したい方は朝一で場所取りに行きましょう。

うっかり昼過ぎに行ってしまうと、場所を確保できないかも!?

f:id:pochicanada:20180106203118j:image

 

ボートが大人気

千鳥ヶ淵にはボートがあり、他の二箇所とは違う見方ができ大変おすすめ!しかし、このボートもやはり激混み。

f:id:pochicanada:20180106203127j:image

私が行ったのは週末だったせいか、ボートは3時間待ち!時間に余裕を持っていかないと、乗れない可能性あり。

しかし、ものすごくいい雰囲気なので、是非乗っておきたいです!

夜はライトアップもあるため大混雑ですが、平日の昼間なら、比較的並ばずに乗れるでしょう。f:id:pochicanada:20180106203158j:image

 

結局どこがオススメ?

桜、景色がオススメなのは、千鳥ヶ淵

景色がオススメなのは、千鳥ヶ淵

桜でいっぱいの景色に圧倒されます。

九段下駅の目の前というロケーションの良さもオススメ。

しかし、屋台はなく、周りの飲食店も大混雑!お花見ついでにご飯を食べようという人にはオススメしません。

 

花よりだんごなら、目黒川

「お花見もいいけど、美味しいものを食べたい!」

そんな人には是非、目黒川をオススメします。お花見会場はもちろんのこと、目黒駅周辺にはおしゃれで美味しそうなお店もいっぱい!

また、渋谷も近いので、お花見後にも遊びやすいです。

 

仕事帰りにちょっと寄りたいなら、六義園

「たくさん歩くのは嫌だけどお花見したい。」

そんな方には六義園をオススメします。

六義園の園内は広いですが、桜があるのはほんの一角。

千鳥ヶ淵、目黒川の桜祭りに比べると、歩く範囲も少なく、混雑具合も1番落ち着いています。

「ちょっと桜を見て、屋台で一杯!」なんてこともできますよ!

最寄り駅付近にはファミレスや居酒屋もあるので、ご飯を食べに寄り道することもできます。

 

 

いかがでしたか?

都内で人気のオススメお花見スポットを、目的別で紹介させていただきました。

気になる方は、是非行ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。