旅行、アウトドア、美容について発信する雑記ブログ

パウダー好きにおすすめ!関温泉スキー場

こんにちは!

スノーボードシーズン真っ只中ですが、今日はパウダー好きにおすすめ、関温泉スキー場を紹介しようと思います。f:id:pochicanada:20190119021134j:image  

 

 

 

 

関温泉スキー場とは?

関温泉スキー場とは、新潟県妙高市にあるスキー場。

その名のとおり関温泉のそばにある。

1917年(大正6年)に開設、100年の歴史をもつ。妙高山の麓に広がる自然の地形を活かしたスキー場である。

関温泉スキー場 
〒949-2235新潟県妙高市関温泉 

TEL:0255-82-2316 FAX:0255-82-3044

f:id:pochicanada:20190118185354j:image関温泉スキー場オフィシャルサイト

 

 

 

関温泉スキー場はリフトがたったの2本だけど、パウダー天国で最高のスキー場!

f:id:pochicanada:20190118185729j:image関温泉スキー場オフィシャルサイト -コースマップ-

関温泉スキー場、名前は有名なこのスキー場ですが、なんとリフトはたったの2本しかありません。

しかし、規模は大きくないものの、豪雪地帯で、70%の確率でパウダーにぶち当たるという、パウダー好きには夢のようなスキー場なんです。

このように、関温泉スキー場に行った人達の嬉しい悲鳴がSNSでは溢れかえっています。

 

実際にわたしが行った時も、雪の予報、雪レポート & 雪の状況での予報は全く雪予報ではなかったにも関わらず、現地へ行ってみると、なんと30〜50cmの新雪とのこと!

f:id:pochicanada:20190118190044j:imageまさか雪予報だと知らず、午後券で滑りに行ってしまいました。

リフト横は食われまくっているものの、ツリーの中はノートラックだらけで、まさにパウダー天国でした!

 

スポンサーリンク

 

 

 

関温泉スキー場のリフト料金はこちら

f:id:pochicanada:20190118191011j:image関温泉スキー場オフィシャルサイト -ご利用料金のご案内-

付近のスキー場に比べればやや良心的な金額です。

わたしが利用した午後券は12時〜利用可能。小さいスキー場なので十分滑りきることができますが、第3リフトの閉まる時間が早いので注意が必要です。

 

今年はシーズン始め雪が少なく、年末に一気に降ったせいで、地滑りが起きていました。f:id:pochicanada:20190118191307j:image
f:id:pochicanada:20190118191311j:imageまだまだベースができていなかったみたいですね。

 

 

 

ロープもなく、ツリーランし放題な関温泉スキー場

関温泉スキー場内はまったくロープもなく、ツリーランし放題!

林間コースみたいのもほとんどありません。どこでも行き放題!しかも、どこのツリーに入ってもコースに出てくるという関温泉スキー場初心者にも安心して滑れる山でした。

パウダーが残りまくっていたのは主にこの部分でした。f:id:pochicanada:20190118200418j:imageリフトの横、もしくはリフト下のツリーを滑るかんじです。

第3リフトの左側のツリーは、沢のこっち側さえ滑れば最終的にコースにでてきます。一部ワンフットする場所はありますが、雪が深くて本当に楽しかったです。

ツリーもそこまでタイトではなかったのですごく滑りやすい。

わたしは昼すぎからこの辺りを滑りましたが、ノートラックだらけで逆に不安になりました。

そのくらいパウダー三昧でした。

不安なのは最初だけで、結果最高でした。

比較的滑りやすいツリーランだったとはいえ、初心者、サイドカントリー初心者が単独で行くにはおすすめしません。場所によってはツリーがタイトです。

 

結局豪雪地帯の関温泉は、最後まで雪が降り続いていました。次の日もその次の日も、新雪は30cm越えでした。

さすが、豪雪地帯!!

f:id:pochicanada:20190119020651j:image

 

 

 

関温泉スキー場まとめ

関温泉スキー場は小さなスキー場ですが、パウダー好きには、本当におすすめなスキー場。

パウダーが滑りたい!と、思ったら、まずは関温泉スキー場の雪予報を見てみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク