Let's find out how to spend a beautiful life.

そうだ!白馬にスノーボードに行こう!【高速バス・新幹線での行き方】

f:id:pochicanada:20180127224830j:image

白馬にスノーボードに行こう!

最近、休みを利用して、世界的に有名な豪雪地帯〈白馬エリア〉に行ってきました!

今回は、〈白馬エリア〉への行き方を紹介しようと思います。

 

高速バス  新宿−安曇野

おすすめは高速バス。

わたしも高速バスで白馬に行ってきました。

時間はかかりますが、都内から1番楽に行ける方法がこの、高速バス。

f:id:pochicanada:20180127225148j:image

 

白馬行きのこの高速バスは【アルピコバス】といって、アルピコ交通株式会社が運営している高速バスです。

f:id:pochicanada:20180130182727j:image

アルピコ交通株式会社

 

メインの乗り場は、新宿南口にあるバスタ新宿

新宿駅南口を出てすぐにあるので、

迷うことなく向かうことができます。

 

 

新宿–白馬 間の所要時間

新宿から〈白馬エリア〉までは、

およそ5時間。

その間に2回休憩を挟みます。

f:id:pochicanada:20180127231218j:image

 

1回目の休憩場所:双葉サービスエリア

f:id:pochicanada:20180129193751j:image

 

2回目の休憩場所:梓川サービスエリア

f:id:pochicanada:20180129193833j:image

休憩間隔は、約1時間。

各サービスエリアで20分程の休憩をとります。

 

  

新宿発、白馬行きの時刻表 

新宿発の最終バスは23:05。

仕事帰りでも十分間に合う時間なので「弾丸スノーボード旅行に行きたい」という人にもオススメ。

f:id:pochicanada:20180127231829j:image

 

〈白馬エリア〉行き高速バスの運賃

新幹線に比べて手頃な価格で長野県まで行くことができます。

f:id:pochicanada:20180127232403j:image

 

 

実際の車内のようす

こちらが実際に乗ったときの写真。

f:id:pochicanada:20180130114841j:imagef:id:pochicanada:20180130114926j:image

行き・帰り共に、平日夕方の便を利用したので、乗客はまばら。

平日なら、ギリギリで購入しても席は取れますが、
土日祝日に利用したい場合は早めに予約するのがオススメです。

バス内にはWIFIもトイレもあるので、快適に過ごすことができます。
行きのバスにはありませんでしたが、帰りのバスにはコンセントも付いていました。

ご予約はこちらから→高速バス白馬・安曇野−新宿線

 

 

スノーボードの持ち運びはボードケースか、ソールカバーか。

私は個人的に、ボードケースで持ち運びするのが好きではないので、
ソールカバー+バックパック、もしくはソールカバー+スーツケースで滑りに行きます。
今回は、ソールカバーとスーツケースで白馬に行って来ました。

ソールカバーのみでスノーボードを持って行った場合、

預け荷物として預けることができないので、車内に持ち込まなくては行けません。
私がバスを利用した際は平日で乗客が少なかったので、荷物棚に置くことができましたが、
週末で混雑している場合は、ソールカバーでスノーボードを持って行くと、置き場に困ってしまうかもしれません。

車内でスノーボードを管理するのが嫌な場合、預け荷物としてトランクに入れてもらいたい場合は、ボードケースに入れてスノーボードを持って行きましょう。

 

 

白馬八方バスターミナル

これらのスキー場に行く場合、白馬八方バスターミナルで降車します。
ここからローカルのバスに乗り換えます。

f:id:pochicanada:20180130115316j:image

八方バスターミナルにはインフォメーションセンターもあり、昼間ならインフォメーションセンター内で時間を潰すことができますが、
21:00以降はインフォメーションセンターが閉まってしまうので注意!


私は吹雪の中50分程待つ羽目になってしまいました。

f:id:pochicanada:20180130183137j:image 
椅子にも雪がたくさん積もっていたので、スノーボードを下敷きに椅子に座りました。
寒かった…。

 

八方バスターミナルの近くにはLAWSONがあるので、ここで買い物をすましておきましょう。
特に、栂池高原スキー場を越えた後、コルチナ国際スキー場方面には買い物できる場所がまったくありません。 

 

 

小谷シャトルバス 時刻表

栂池高原スキー場乗鞍高原スキー場・コルチナ国際スキー場に向かうには、
この 【小谷シャトルバス】に乗り換える必要があります。
【小谷シャトルバス】の時刻表がこちら。

f:id:pochicanada:20180130190328j:image

【小谷シャトルバス】乗車時は、特に予約は必要ありません。
昼間は1人500円で乗車することができ、小谷ナイトバスに関しては無料で乗車することができます。
ただし、小谷ナイトバスは本数も少なく、アルピコバスとの接続も非常に悪いので、
待ち時間があることを覚悟で利用してください。

f:id:pochicanada:20180130234040j:image

OTARIスノーリゾートシャトルバス「こなゆき号」運行時間のご案内|Otari Snow Resort Shuttle Bus schedule 

 

 

 

新幹線で白馬に行く方法

おすすめは高速バスですが、
「どうしても時間が取れないので、少しでも時間短縮したい!」
という人は、新幹線で行くのがオススメ。
f:id:pochicanada:20180131005515j:image
高速バスに比べると、少し高くなってしまいますが、
短い時間で白馬まで行くことができます。

ただし、白馬には新幹線が通っていないので、
一旦【長野駅】まで向かったのちに、バスに乗り換える必要があります。
白馬駅付近に泊まるのであれば、ローカル線の電車でも行くことができます)

 

例えば、東京から新幹線に乗れば、
約1時間半で長野駅まで行くことができます。 f:id:pochicanada:20180131002616j:image

その後、長野駅でバスに乗り換え、
バスに乗ることおよそ1時間ほどで白馬エリアに到着!

高速バスが5時間かかるのに比べ、新幹線だと3時間弱で都内から白馬エリアに行くことができます。
その代わり、交通費は倍かかってしまいますが、
それでも、時間があまりない人にとっては、新幹線を使うメリットがありますよね。

 

 

長野駅−白馬エリアのバスの時刻表

f:id:pochicanada:20180131011316j:image

 f:id:pochicanada:20180131003035j:image

f:id:pochicanada:20180131003249j:image

 

 

長野駅から白馬エリアまでのバスの運賃

f:id:pochicanada:20180131003248j:image

長野-白馬間は、予約制ではないため、万が一満席の場合、次の便に回される可能性があります!詳しくはこちらから→特急バス長野−白馬線

 

 

まとめ 

白馬エリアは、外国人観光客も憧れる、パウダー天国。

都心から行くには少し時間がかかってしまいますが、パウダー好きの人なら行く価値あり!

高速バスを使えば、往復10000円で、極上パウダーを滑りにいくことができます。

時間がない人でも、新幹線を使えば、たっぷり白馬の雪を堪能できます。

高速バスや新幹線を駆使して、是非滑りに行ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。