旅行、アウトドア、美容について発信する雑記ブログ

【遅延率No.1!?】Air China (中国国際航空)の乗り継ぎ失敗。連れて行かれた無料ホテルとは一体?

Air China (中国国際航空)の乗り継ぎ失敗時に与えられる無料ホテルとは?

f:id:pochicanada:20180630194847j:image  

先日カナダ旅行に行く際にAir China (中国国際航空)を利用しました。

よく噂されているAir China (中国国際航空)の遅延問題。

北京乗り換えで羽田空港発北京着のフライトでしたが、評判通り自分も遅延にあたってしまいました。

しかも、ただ遅延しただけではなく、遅延の末に乗り継ぎ失敗し、その日の最終便に乗りそびれてしまいました!

そんな時一体どうなるの??

そんな時、Air China (中国国際航空)は無料のホテルを手配してくれました。

そのとき連れて行かれたAir China (中国国際航空)の無料ホテルを紹介しようと思います。

これからAir China (中国国際航空)を利用する予定の方で遅延が心配な方には是非読んでいただきたいです。

 

 

遅延率がハンパないAir China (中国国際航空)

Air China (中国国際航空)は遅延率が高いことで有名です。

こんなにたくさんの人が遅延に巻き込まれています。

わたしも利用前にAir China (中国国際航空)の口コミを調べて、予め遅延は覚悟していたつもりでした。

ちょっとの遅延ならいいかと思っていましたが、羽田空港発のフライトが大幅に遅れてしまい、なんと北京泊するはめになってしまいました。

 

 

 

何度も何度も変更になるAir China (中国国際航空)の搭乗ゲート

遅延になる前にも、何度も何度も搭乗ゲートが変更になりました。

しかもその変更先全てが遠いんです。

f:id:pochicanada:20180630084121j:imageこんな長い道を何度も歩く。

アナウンスもすでに中国語で流れてくるので、中国語がわからないわたしには非常につらかった、、、

この時点でアナウンスも中国語なので、移動するにも周りの人よりワンテンポ遅れてしまいます。

 

 

 

遅延中も意外とジッと待つ中国人。

Air China (中国国際航空)に乗ると中国人がうるさい。と聞いていましたが、実際は全然そんなこともなく、遅延中もみんなジッと待っていました。

f:id:pochicanada:20180630084557j:image

 

 

 

Air China (中国国際航空)の地上日本人スタッフは最悪だった。

最初は1時間の遅延と電光掲示板に表記されていましたが、いつの間にか2時間半の遅延に!!

この時点で乗り継ぎが不可能になってしまいましたが、Air China (中国国際航空)の地上スタッフはなんにも発表してくれません。

私と同様、北京乗り換えでバンクーバーに向かうカナダ人カップルが話を聞きにいっていました。

Air China (中国国際航空)の日本人スタッフは、カナダ人カップルが去った後、

「またバンクーバーについて聞かれた。そんなの私達だってわからないのに。」

と、日本語で愚痴を言う始末。

あの、ここに日本人いるんですけど...。

中国人の客室乗務員より、羽田空港の日本人地上スタッフの方がよっぽど無礼で態度悪かったですね〜。

日本人地上スタッフは、「北京発のバンクーバー行き飛行機も遅延しているので、乗り換えがうまくいく可能性もあります。」なんていっていましたが、結局ほぼ定時で出発していたため、乗り換えできませんでした。

 

 

 

遅延で北京に到着後もアナウンスなし

遅延で北京に到着後もアナウンスはありません。

自身で国際線乗り継ぎカウンターへ行くと、

「15:25のフライトが1番早いフライトです。」とのこと。その時の時刻、0:30。

次のフライトはまだまだ。

すると、国際線乗り継ぎカウンターの人が、無料ホテルを案内してくれたため、そちらに一泊することになりました。

 

 

 

 

 

無料ホテルに泊まるには、まずは入国手続きをしなくてはいけない

無料ホテルを与えられることになりましたが、そのためには中国に入国しなくてはいけません。

当たり前ですが、入国するなら入国審査を受けなくてはいけないのです。

入国するつもりじゃなかったので下調べしていませんでしたが、北京空港はめっちゃ複雑でした!!

しかも深夜だから誰もいないし。

どうにか英語をちょっと話せるスタッフを捕まえて、案内してもらえました。

 

 

 

 

北京国際空港内は電車が走っているので移動が複雑。

なんと!北京国際空港は、到着口から出口まで、電車に乗らないといけませんでした。

北京空港広すぎる!さすが中国。

https://twitter.com/irregular_J/status/588349828339404801

 

 

 

無事中国に入国し、無料ホテルまでバスで向かう。

無事中国に入国し、無料ホテルまでバスで送迎してもらうことになりました。

預け荷物はもらうことができませんでした。私と同じくバンクーバー行きを逃した人たちが集まっています。

バスの運転手に質問があるものの、英語は話せないとジェスチャーされ、こちらも中国語を話すことができないので、質問できないままバスへ乗り込む。

食料を買いに行く時間もありませんでした。

f:id:pochicanada:20180630190913j:imageバスに乗って30分ほど走ると、やっとホテルに到着。

 

 

 

Air China (中国国際航空)の無料ホテルはこんなとこ。

連れて行かれたAir China (中国国際航空)の無料ホテルがこちら。f:id:pochicanada:20180630191117j:image

こちらは次の日の朝にとった写真。
f:id:pochicanada:20180630191121j:image
f:id:pochicanada:20180630191113j:imageこれ、ホテル...??怪しい活字に囲まれた建物。

1人1人、チェックイン。私は一人旅だったため、他の乗客と相部屋でいいか?と聞かれる。

そっちのミスなのに相部屋?!とおもっていたけれど、結局1人部屋にしてくれました。

部屋の中は思ったより綺麗でした。

f:id:pochicanada:20180630191305j:image
f:id:pochicanada:20180630191257j:imageお茶もありました。
f:id:pochicanada:20180630191253j:image

f:id:pochicanada:20180630192023j:image次の日の予定を立て直し、就寝。

次の日は15時半のフライトなのに、シャトルバスは9時。待ち時間が長い〜

 

 

 

シャトルバスで無料ホテルから北京国際空港まで

次の日の朝、またシャトルバスに乗り込み北京国際空港に向かいます。

f:id:pochicanada:20180630195521j:imagef:id:pochicanada:20180630195533j:imagef:id:pochicanada:20180630195528j:image大気汚染がヤバイ!

 

 

 

振替のフライトは無事定刻に出発

振替のバンクーバー行きのフライトは、無事に定刻通りに出発し、無事カナダにたどり着くことができました。

f:id:pochicanada:20180630192817j:image
f:id:pochicanada:20180630192822j:imageカナダの青空が眩しい。そんなこんなで、中国以降の旅行はとっても楽しいものになりました。

 

 

 

Air China (中国国際航空)の無料ホテルのまとめと、Air China (中国国際航空)を使うときに気をつけておきたいこと

結局見かけ以外はAir China (中国国際航空)の無料ホテルは、快適に使うことができました。

Air China (中国国際航空)を使う場合、高い確率で遅延するので、常に万が一のことを考えておくのが良さそう。

また、このような非常事態に中国語、もしくは英語が話せないとかなり苦しい状況になってしまうと思います。北京国際空港で日本語を話すスタッフはいませんでした。

Air China (中国国際航空)を利用する人で、個人旅行なおかつ中国語や英語を話すことができない人は、それなりの覚悟をもって挑んだ方が良さそう。

無料ホテルは案内してもらえましたが、結局は自分が国際線乗り継ぎカウンターで、乗り継ぎがうまくいかなかったことを伝えなければいけません。

Air China (中国国際航空)を利用する場合、自分自身で責任をとるつもりで乗りましょう。

それさえできれば、お得な金額で海外旅行に行くことができます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。