Let's find out how to spend a beautiful life.

コトバを選んで思い通りの人生を!「伝え方が9割」読んでみた感想。

伝え方が9割!読んでみた感想。

伝え方を変えれば人生が変わる!

2013年に出版された本で、シリーズ115万部突破とのことで今なお人気の佐々木圭一さんの書籍「伝え方が9割」を遅ればせながら読んでみました。
これから読もうか悩んでいる方に向けて紹介しようと思います。

読もうと思ったキッカケ

ブログを書いていて、自分って文章力がないなぁ。と思ったのがキッカケ。
ブログ以外でも、自分の意見を述べる場面になると、思っていることが伝えられない。
元々人見知りな性格のせいもあると思うのですが、言いたいことが全然上手く伝えられない!
そう思って手にとったのがこの本でした。

当たり前のことが書いてあるんだけど、当たり前なのにできていないことがたくさん。
そのことに気付かせてくれる本。f:id:pochicanada:20171226232001j:image

 

 

著者は、あの佐々木圭一さん。

f:id:pochicanada:20171227004428j:image
佐々木圭一オフィシャルブログ「伝え方の秘密」Powered by Amebaより
著者は、コピーライターの佐々木圭一さん。
カンヌ広告祭金賞をはじめ、数々の広告賞を受受賞しており、作詞家としても活動している、凄いお方なのです。
そんなお方が、自らの技術を我々に開示してくれているのです。これは読まずにはいられませんよね。

 

誰もが聞いたことのある佐々木圭一さんのキャッチコピー

佐々木圭一さん作のキャッチコピーをいくつか紹介します。きっと誰もが耳にしたことはあるでしょう。

佐々木圭一 - Wikipediaより

 いかがでしたか?
テレビを見ない人でも、きっと1つは聞いたことがありますよね。私は特に"言えないから、歌が生まれた。"がとても好きです。Mr.Children「君が好き」のキャッチコピーで使われていました。

f:id:pochicanada:20171227004920j:image

 

 

 

話題作だけど、一体どんな内容?

NoをYesに変える技術!

f:id:pochicanada:20171226234946j:image

Noを、Yesに変えることができたら、人生は変わってきます。

人は1日に平均22回頼みごとをしているそうです。その答えが1つでもYesに変わったら…。

Yesに変えられることが1日1回しかできなくても、1年で365回、5年で1825回もの違いがあります。1825回ものNoをYesに変えることができたら、きっと、人生は変わってくるでしょう。

NOと言われるはずだった企業に採用されるかもしれない。

NOと言われるはずだった学校に入学できるかもしれない。

NOと言われはずだったあの人と結ばれるかもしれない。

伝え方を変えただけでこんなに人生が変わると想像すると、ワクワクしてきませんか?

そんな技術が「伝え方が9割」には惜しげもなくまとめられています。

 

NoをYesに変える確率を0%から"アリ"に変える伝え方

せっかくなので、例文を紹介します。

例えば、好きな人をデートに誘いたいとき。

  • デートしてください→✖️
  • 驚くほど美味しいパスタ屋さんがあるんだけど、行きませんか?→○

相手もこちらに興味がある場合は、ストレートに、デートしてくださいでもいいかもしれませんが、そうでない場合、デートには行きたくなくても、美味しいパスタ屋さんだったら行ってもいいかな?と思いますよね。

結果としてどちらもデートになるので、こちらとしては誘い方はどうであれ来てもらえればなんでもいいのです。

ストレートに言ったら断られてしまうようなことでも、コトバを選ぶだけでYesになる確率を上げることができます。

 

Yesに変える3ステップ

  1. 自分の頭の中を、そのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

f:id:pochicanada:20171226231713j:image

 

 

 

強いコトバをつくる法則

その他にも、まるで台詞のような、強く心に残るようなコトバをつくる法則も紹介されています。ここでは、たくさんある中の2つの法則を簡単に紹介したいと思います。

サプライズ法

これは、最も簡単ですぐに実践できます。伝える言葉に、驚きワードをいれる方法です。

例えば、こんな風に。

  • 好き
  • 好き!!

とてもシンプルなことなんですが、ビックリマークがついている方が強く感じますよね。

驚きワードにはいくつか種類があり、1番簡単に使うことができるのが、このビックリマーク。

 

ちょっと上級のサプライズ法

  • 今日は寒い
  • 驚いた、今日は寒い!

例えばこのように、普通の文の文頭にサプライズワードを入れるだけで、セリフにでもありそうな、ちょっと強いコトバに変化します。ごくごく当たり前のことなんですが、普段からうまく活用できている人はあまりいませんよね。

 

サプライズ法を使った有名なキャッチコピー

サプライズ法を使った有名なキャッチコピーがこの2つ。

とても有名なキャッチコピーですが、よくよく見ると至ってシンプル。

文頭にサプライズワードが入っているだけなのです。しかし、一度聞いたらなぜだか耳に残っています。サプライズ法はとても簡単に使えて効果抜群なのです。

f:id:pochicanada:20171226232142j:image

 

 

ギャップ法

村上春樹オバマ前大統領も使うギャップ法を簡単に紹介します。

f:id:pochicanada:20171226233129j:image

 

ギャップ法を使った有名なコトバ

  • これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。(オバマ前大統領就任演説)
  • お前の為にチームがあるんじゃねえ、チームの為にお前がいるんだ!(安西先生)

多くの人の涙を誘った有名なコトバですが、このようなコトバを作るレシピも、「伝え方が9割」でまとめられています。

f:id:pochicanada:20171226233302j:image

 

ギャップ法の作り方

  1. 最も伝えたいコトバを決める
  2. 伝えたいコトバの正反対のコトバを決める
  3. 正反対のコトバを文の前半に入れ、その後に伝えたいコトバを持ってきてギャップをつくる。

以上です。サプライズ法よりちょっと難しいですが、練習を積めばできそうですよね。

多くの人々を感動させたコトバも、レシピさえ覚えてしまえば誰にでもつくることができるのです。

 

その他にも、明日からでもすぐに使える法則がたくさん、たくさん載ってます!

持ち歩き用のカンニングペーパーも付いているので、すぐに暗記できなくてもOK。
私も、まだ勉強したてなので、自分の物にしきれていません。こっそり財布にでもカンニングペーパーを忍ばせておこうと思います。
仕事でも、就活でも、転職でも、人間関係でも、もちろんブログにも使うことができるので、是非とも皆さんに読んでいただきたいです。

 

まとめ

f:id:pochicanada:20171227011540j:image

普段、自己啓発本やビジネス本をあまり読まない私ですが、あっという間に読み終わってしまいました。伝え方を謳う本なだけあってとても読みやすく、サクッと読めてしまいます。

この本は、伝え方はもちろんのこと、コトバを選ぶことにより、人間関係が良くなったり、仕事もはかどるようになったり、自分の人生を充実させるための道具にもなり得る本だと思います。私が紹介した法則は本当に一部分でしたが、気になった方は是非!読んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

活字が苦手な方は漫画版もあります!