Let's find out how to spend a beautiful life.

スノーボード一式。買うべき?レンタル?コスパを考えてどっちがお得か徹底比較!

スノーボード一式 購入かレンタル、コスパがいいのはどっち?

f:id:pochicanada:20180308212339j:image

いよいよスノーボードシーズン到来です!

 

皆さんはいつもスノーボードを持参していますか?

それともレンタルしていますか?

 

スノーボードに毎年必ず行く!という人は購入する人が多いかと思いますが、

  • 年に3回くらいしか行かない人
  • あんまり行かないけど毎年必ず行く!という人。
  • 年に1回行くか行かないかくらいという人

様々な人がいますよね。

 

 

 

 

そのレンタル料金、無駄にしてるかも?

f:id:pochicanada:20171227222755j:image

スノーボードに行く頻度から考えて、

スノーボード一式を買ったほうが安上がりなのか、

もしくは毎回レンタルをしたほうが安上がりなのか?

コスパ的にどのくらい違いがあるのか調べてみました。

今年こそたくさん滑りにいきたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

〜おすすめ記事一覧〜

 

 

 

スノーボード一式のレンタル料金

f:id:pochicanada:20180103200334j:image

レンタル料金はスキー場によってまちまち。
各地のスキー場のレンタル料金を比べてみました。

各スキー場のレンタル料金はこのようなかんじです。

 

 

 

かぐらスキー場

f:id:pochicanada:20180103181423p:plain

まずは、新潟県の「かぐらスキー場」のレンタル料金。
板+ウエアの
オールレンタルで¥6,200。

f:id:pochicanada:20171030225808p:plainトップページ |かぐらスキー場|プリンススノーリゾート

かぐらスキー場のレンタル料はまずまずな金額ですね。

 

 

 

ニセコグランヒラフスキー場

f:id:pochicanada:20180103155239j:image

続いて、世界的にも有名な、北海道にあるニセコグランヒラフスキー場。
こちらのレンタル料金は、1番手頃なモデルでフルセット1日¥8,100。
かぐらスキー場と比べ、ニセコグランヒラフスキー場のレンタル料金の方がやや高く感じますが、こちらには小物もついてきます。
※小物とは一般的にゴーグル、グローブ、ビーニーを指します。これらの小物は全てスノーボードには必需品となります。

f:id:pochicanada:20171030230701p:plainニセコ グラン・ヒラフサイトへようこそ! [NISEKO Mt RESORT Grand HIRAFU]

ニセコグランヒラフスキー場関連記事はこちら▶︎スノーボーダーの聖地、ニセコで滑ろう! - It's a beautiful world!!

 

 

 

川場スキー場

f:id:pochicanada:20180103180318p:plain

続いて、首都圏からも行きやすい、群馬県にある川場スキー場のレンタル料金。

  • スノーボードセット1日¥5,000
  • ウエアセット1日¥4,500=計¥9,500

他と比べると高めの金額設定となっています。(ちなみに表の右側は半日レンタル)

ただし、川場スキー場には最新モデルのギアが置いてあります。

川場スキー場のレンタルは、毎年新作モデルを使っています。

そのため少し高めの設定になっているのも納得できますね。f:id:pochicanada:20171030231711p:plain川場リゾート|首都圏から2時間で絶好のパウダー!北関東道開通で、栃木・茨城からも好アクセス!

 

 

 

 

各スキー場のレンタル料金はこちら。

その他の各地のスキー場のレンタル料金を調査してみました。

大体のレンタル料金の相場がわかると思いますので、是非参考にしてみてください。

f:id:pochicanada:20180101204458p:plainリフト1日券とスノーボードレンタルがセットになっているお得なスキー場! - It's a beautiful world!!

   

 

 

レンタル料金は平均約¥8,000

レンタル料金の平均を見てみると、

1日約8000円という結果に。意外と高い!

リフト券や昼ごはん代などもろもろ含めると、スキー場だけで¥15,000程かかってしまいます。

何回も滑りに行く人にとっては結構な出費ですね。f:id:pochicanada:20180103200508j:image

レンタル料金だけでこれだけの出費なら、スノーボード一式揃えてしまっても良くないですか??

 

 

 

 

スノーボード用品の相場は一体いくら?

「でも、そもそもスノーボード用品っていくらくらいなの?」

もちろん、たくさん滑りに行くならスノーボード一式買ってしまいたいけれど、値段によりますよね。

スノーボードの相場を紹介していきたいと思います。f:id:pochicanada:20171226005504j:image

 

 

 

スノーボードの相場はピンキリ。1万円〜10万円まで様々。

スノーボードの値段は、正直ピンキリです。

安いものを探せばいくらでもでてくるし、高いものは10万円オーバーのものまで。

特に国産板はクオリティも高い分、値段も高いです。 

 

 

 

 

スノーボードは、ネットでセット買いが1番お得!

f:id:pochicanada:20180319234442j:image

とにかく安く買いたい!

そんな人にはセット買いが一番おすすめ!
安いものを探せば、

スノーボード・ビンディング・ブーツの3点セットで¥30,000~¥40,000程度で購入することができます。 

それなら、レンタルし続けるよりお得かも?!

f:id:pochicanada:20180320000501j:image

 

 

 

スノーボードウエアもやっぱりネットで安く買える!

ウエアもやっぱり、ネットがお得!!

ウエアの上下なら中古やメルカリなどで探せば¥5,000位で購入することもできるし、

新品でも¥15,000〜最新モデルをゲットできます。

 

 

 

女の子はウエアだけ買う子が多数!まずは可愛いウエアをゲットしよう!

f:id:pochicanada:20180319224846j:image特に女の子のウエアは安くて可愛いものがいっぱい!
以前某スポーツ店で働いていたとき、たくさんのお客様の接客につかせてもらいましたが、ウエアだけ買うという女の子が大多数でした。
やっぱり雪山でも可愛い格好をしていたいですよね! 

 

 

 

買うものの優先順位は?

 「いっぺんに買うのはお金がかかるので、徐々に揃えて行きたい。」

という人がほとんどだと思います。
そんな人のために、どのスノーボード用品から揃えた方がいいのか?!その理由を紹介します。f:id:pochicanada:20171226003946j:image

 

 

 

ブーツ・ウエア・小物を購入するのがおすすめ

わたしのおすすめは、ブーツ+ウエア+小物を先に購入すること!
フルレンタルとなれば高くなってしまいますが、ブーツ、ウエア、小物さえ買ってしまえば、残りは板とビンディングのみ!

板+ビンディングのみのレンタルだと少し安くなりますので、コスパ的にもおすすめf:id:pochicanada:20180319234702j:image

また、ゴーグルやビーニーなどは汚れやすい為、レンタルが嫌だという人も多く、特に女性だとゴーグルにファンデーションが付いてしまうので、レンタルだとちょっと汚いことも。
小物は比較的安いので買ってしまうのがいいでしょう。

 

ニット帽はどんなものでもいいからかぶりましょう!

たまに何にもかぶってない人を見かけますが、大変危険です。

海外ではヘルメットが必須。

ヘルメットをつけるに越したことはありませんが、なければニット帽だけは必ずかぶりましょう。

寒がりならばフェイスマスクがあれば更に安心です。

 

 

 

板とビンディングのみのレンタルだとこんなに安い!

かぐらスキー場

板のみのレンタル料金:1日¥2,800

f:id:pochicanada:20171030234746p:plain

   

 

ニセコグランヒラフスキー場

板のみのレンタル料金:1日¥3,650

f:id:pochicanada:20171030235032p:plain

板だけのレンタルだとかなり安くすみます!

板をレンタルするのであれば、持っていくのにも荷物にならないし、レンタルするにしても手間もなく借りることができます。

 

 

 

ブーツのレンタルは手間がかかることを覚悟しておこう。

レンタルするときに面倒なのはブーツ。

慣れていないと履くのにも時間がかかるし、いざ履いてみたらなんか痛い!なんてことも。
自分の足に合ったサイズを借りるのに30分以上かかってしまうこともあります。

時間がかかることを覚悟しておきましょう。

f:id:pochicanada:20170922221613j:plain

 

 

 

買うならブーツが最優先

全部買うのが理想的ですが、スノーボード一式買うとかなり高い。

でもなにか買いたい。
そんな時はブーツを買うのがおすすめ!
1番目立たないブーツですが、スノーボードギアの中で最も重要なパーツ。

ブーツが合っていないとうまく滑ることもできないし、足が痛くなって滑ることすら辛くなってきてしまいます。
同じサイズでも、ブランド、モデルによってかなり形の違いがあります。
ブーツを買うならできるだけ試着しましょう。
試着してからネットで同じものを安く買うのが理想的。

 

 

型落ちはお買い得!サイズがあえばラッキー!

ブーツの型落ちモデルなども販売されているので、もし見つけたら是非試着してみて!
型落ちモデルとは、新品だけれども、去年発売されたという理由だけで安くなっているギアのこと。
50%オフの値段で売られていることもしばしば。見つけたら、とにかく色々試着してみて!
自分に合った形があればラッキーです。

 

〜スノーボードギアについて詳しくはこちら〜

www.blue-ribbon.fun

 

 

スノーボード一式は、結局買うべきなのか?

 f:id:pochicanada:20180319224922j:image

毎年滑りに行かない人

言うまでもなく、レンタルの方がお得
スノーボード一式を買っても、何年も行かないのであれば、流行も変わってくるし、性能も毎年進化しますから買うのがもったいないです。

最近は「川場スキー場」のように、レンタルでも最新モデルを取り入れているレンタルショップも増えてきているので、レンタルでいいものが借りれます。

結果、毎年行かないのであればレンタルで十分。

 

   

毎年3回以上行けば元はとれる

毎年3回以上滑りに行く人は、ブーツとウエアと小物を買いましょう!

フルレンタルだと1回につき¥8,000かかるとして年3回。単純計算で1シーズンに¥25,000ほどかかります。

しかし、スノーボードブーツとウエアを安く買えた場合、初期費用で¥3,0000程かかってしまいますが、一度買ってしまえば、
あとはボード+ビンディングを¥3,000で借りるのみ!
買った翌年には元がとれますし、

なにより自分の選んだウエアで滑るのってすごく楽しいですよ。

 

 

いらなくなったらすぐ売ろう

f:id:pochicanada:20180319225214j:image

要らなくなったらすぐ売りに出してしまえばいいのです。

スノーボード用品は、よっぽど古くない限り買い手がいます。今はメルカリ、ヤフオク!などの便利なアプリがいっぱい。

 

年に6回以上行くなら一式揃えよう!

f:id:pochicanada:20181210230712j:image年に6回以上行く人は、スノーボード一式買いましょう。
6回以上いくとなってくると、ブランドやデザインなどにもこだわりが強い人が多数だと思ういます。
そんな人でも、やっぱり

ネットで買うのが品揃えも金額も◎。

 

または、御茶ノ水のスポーツ街にいってみるのも手です。

御茶ノ水 はスノーボード店がとても多いので、店員さんに「他の店と悩んでいる」と伝えると、割引に応じてくれることが多数あります。
まだ行ったことのない人は是非御茶ノ水にも足を運んで見てください。

 f:id:pochicanada:20180319225658j:image

冬も近付いているので、スノーボードの記事をバンバン上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク