観光英語検定とは?

TOEIC以外で何か手軽に受けれる資格はないかと探していたところ、
とても気になる資格を見つけました。
「観光英語検定
そんな観光英語検定について調べてみました。

f:id:pochicanada:20171024213607p:plain

 

 

 

 

 

観光英語検定

「観光英語検定試験」(Tourism English Proficiency Test)とは、全国語学ビジネス観光教育協会によって実施されている民間資格です。

国際人としての英語力を身につけることを目的とし、
外国人とのコミュニケーション を観光の分野を通してその運用能力を計る試験です。

出題の内容は生活に密着した一番身近な英語ですが、「筆記試験」 では英語習得の基本である、「読む、聞く、書く、話す」の能力を試問し、また「リスニング試験」で写真やイラストを使って実務に役立つ工夫をしています。
勿論、出題は筆記、リスニングとも旅行、観光等に絞られています。
出題の傾向は空港、交通、ホテル、観光、ショッピング等の実際場面を想定したものです。
加えて観光に必須の文化(国内外・異文化)、地理、歴史の知識も問われます。

 

kanko.zgb.gr.jp

 

 

 

 

こんな人におすすめ

海外旅行を楽しみたい方、海外旅行の計画を独自で調整したい方、更にスペシャリストとして観光英語能力をチェックしたいと思う方には、最適な検定試験と言えるでしょう。
高校、専門学校、短大、大学の学生や旅行を楽しみたい一般の方及び観光業界の方は、ぜひ受験されることをお勧め致します。

 

f:id:pochicanada:20171024215719j:plain

 

 

 

 

 

 

受けてみる価値あり

 まだまだ「観光英語検定」の認知度は低いようですが、2020年のオリンピックに向けてますます増加している訪日観光客。
接客業、サービス業界に携わりたい人は是非持っておきたい資格。

f:id:pochicanada:20171024215112j:plain

 
<<以前にもちょっとだけ似たようなことを書きました☟>>

www.blue-ribbon.fun

 

 




 

 

観光英語検定の難易度ってどれくらい?

観光英語検定には1級~3級まであります。

 

3級:レベル :TOEIC220~470点、英検3級程度

約3,000語の語彙力、基本的な文法・構文(高等学校中等学年程度の学習内容)の理解度をみる。
(1)海外グループ旅行の時、少数の同僚と一緒に英語を使って行動することが出来る。
(2)国内で外国人に道案内やパンフレット類を英語で説明出来る。

 


2級:レベル:TOEIC470~600点、英検2級程度


約5,000語の語彙力、適切な文法・構文(高等学校修了程度の学習内容)の理解度を見る。
(1)海外で個人旅行をする時、個人で旅程を組み、乗り物やホテルの予約、また単独で観光や買物等を英語で対処することが出来る。
(2)国内で外国人に観光地や名所旧跡等を英語で紹介出来る。

 


1級:レベル :TOEIC600~860点、英検準1級・1級程度


約8,000語の語彙力、正確な文法・構文(専修学校修了以上の学習内容を取得している、または、最低2~3年以上の業務経験がある)の理解度をみる。
(1)海外で日本人客を接遇し、英語で添乗業務が出来る。
(2)国内で外国人に観光地や名所旧跡等を英語で通訳ガイドが出来る。
(3)国内のホテルや他の場所で外国人に英語で充分な接遇が出来る。
(4)海外における風俗習慣や国際儀礼等の異文化を英語を介して理解、かつ紹介出来る。

 

 

 

問題集を買ってみた

TOEICの点数だけ見ると「2級でもいけるかな?」と思ったので、
2級用の問題集を購入してみました。
本屋ではいくら探しても見つかりませんでしたが、AMAZONで買うことができました。

 

観光英語検定試験 問題と解説 2級 (CD付)

観光英語検定試験 問題と解説 2級 (CD付)

 

 2700円とやや高め。
TOEICの問題集といい、観光英語検定の問題集といい問題集全般高価です。

f:id:pochicanada:20171024211853j:plain

f:id:pochicanada:20171024211851j:plain




 

 

 

問題例

問題を見てびっくり。
英語がわかっててもわからない答えがたくさんありました。

本の中身は著作権などの関係で載せることができませんが、一つ例をあげると、

 

The(                )was built in 1473 for Pope Sixtus IV.
The wonderful  frescoes of the Creation on the barrel-vaulted ceiling and the Last Judgement on the end wall  were painted by Michelangelo.

 ☝は問題の一例の一部分です。
「このカッコ内を、四つの選択肢の中から選びなさい。」というもの。
ちなみに答えは、【システィナ礼拝堂】です。
選択肢は他に、ドゥオモ、サン・マルコ寺院サン・ピエトロ大聖堂がありました。
(※もちろん選択肢も全て英語で書かれています)

こんな問題、英語がわかっているだけじゃ決して解けない問題です。
しかも"システィナ礼拝堂"というのは、バチカン美術館の入場券を買って初めて入れる場所なので、行ったことのある人であっても
バチカン美術館の中にあった絵だ」と覚えている人はいても、
「絵が描かれていた場所は"システィナ礼拝堂"だ」ということを忘れてしまう人も少なくないと思います。
ちなみに私は1月に行ったのにすっかり忘れていました。

このような観光に特化した問題は例えTOEIC990あっても分からない人は分からない問題です。
「観光英語検定」を受ける人は、公式問題集を買うことをお勧めします。

 

 

 


※ちなみに、the Last Judgementとは「最後の審判

f:id:pochicanada:20171024224805j:plain

この絵についての問題でした。

 

 

 

 

 

旅行好きには有利

上記の他にも、様々な観光についての問題がありました。
その中には日本についても問題も数多くあり、日本人の私たちでも馴染みのない土地、お祭りなどについての問題も数多くありました。

問題を見てみて、
TOEICの目安の点数はあまりあてにならないだろうということが分かりました。
英文法や英単語が分かっていても、観光地、観光名所などについての知識が皆無だった場合はかなり不利になるかと思います。
逆に、英文法、長文読解が苦手な人でも「日本の観光地について詳しい」「今まで色々な観光名所に行ってきた」「地理に詳しい」という人には有利になるテストだと思います。
かなりマイナーな観光地の問題も多くあったため、
「観光英語検定」を受ける予定の人は、問題集を買うことを強くお勧めします。

観光英語検定試験 問題と解説 2級 (CD付)

観光英語検定試験 問題と解説 3級 (CD付)

 


しかしながら、これから「観光業」に携わっていきたいという人にとっては、
"勉強していても楽しい" そして "就活に役立つこと間違いなし"の資格なのではないでしょうか。

 

f:id:pochicanada:20171024231339j:plain

 

 

気になる方はこちらのHPから是非チェックしてみてください☟

観光英語検定−英語の資格試験