キャンピングカーでアメリカを旅しよう。

 

皆さんはキャンピングカーって乗ったことありますか?
小さい頃憧れたことはありませんか?
私は昔キャンピングカーに憧れを持っていました。
車の中にキッチンもあって、お風呂もトイレもベッドもテーブルもあるなんてすごくないですか?
大人になった今、キャンピングカーをレンタルで借りることができるんです。
ということで、私は早速キャンピングカーでアメリカ・カナダをそれぞれ旅してきました。
キャンピングカーを借りたい方がいたら参考になれば嬉しいです。   

 

 

もくじ

 

 f:id:pochicanada:20171003232947j:image

 

 

 

 

 

キャンピングカーってどんなもの?

生活に必要なものがすべて入っている車。
海外では、RV、モーターホームとも呼ばれています。

ついている設備

  • トイレ
  • シャワー
  • キッチン
  • 冷蔵庫
  • テーブル
  • ベッド
 車の大きさによってベッドの数は異なります。
私が借りたタイプのものにはベッドルーム付きのタイプもあり、なかなかゴージャスなものもありました。
大人数で行くと盛り上がります。f:id:pochicanada:20171003233354j:image

 f:id:pochicanada:20171008005959j:image

 

 

 

どこで借りることができるのか?

    

キャンピングカーは大体は普通のレンタカーショップで借りることができません。
キャンピングカー専門のレンタルショップで借りることになります。

私がアメリカで借りたのは、「クルーズアメリカ」という会社。

www.cruiseamerica.com


Cruise America日本語HP http://cruiseamerica-japan.com/
ホームページに詳しい説明が載っていますので、興味があるかたはどうぞ。
f:id:pochicanada:20171003233507j:image

 

 

 

 

 

借りる際の条件とは?

借りる際にはいくつか条件があります。
特に重要なことを紹介します。

  • 21歳以上で有効な日本の運転免許証と国際免許証を所持する方

 

  • 出発の手続きは午後1時から4時の間
    営業所により土曜日の営業時間が短くなったりずれたりすることがある。
    午前中の出発をご希望の方は、「アーリーバード・デパーチャー・スペシャル」の有料サービスがあるので要問合せ。

  • 車は午前9時から11時の間に返却
    11時以降になった場合は、1時間に付き25ドルの追加料金が請求される。

  • 走る距離によって追加料金がとられる パッケージ料金
    米国: 500マイル ¥18,000、 100マイル ¥3,600
    カナダ: 500キロ ¥12,500、 100キロ ¥2,500
    申し込みの走行距離を超過した場合は、車両返却時に清算。
    その場合、1マイル当たり35セント、カナダでは1キロ当たり34セントになります。

  • 最低レンタル日数は 7日間
    但し、7日分の料金をお支払い頂ければそれより短くてもOK。

 

 

 

 

運転免許

以前私が友人と借りた際には、2回とも国際免許証の提示はいりませんでした。
しかしトラブル防止のため必ず持っていきましょう

 f:id:pochicanada:20171003233626p:image

 

 

貸出、返却の時間

時間は上記で述べたとおりですが、この会社、土日お休みの営業所がとても多いのです。 土日のどちらかに借りたり返したりすることができないので、
スケジュールを調整するのが難しいことも。

f:id:pochicanada:20171003233802j:plain

 

 


追加料金


アメリカ100マイル カナダ100キロ
これ以上の距離を運転するとなると超過料金がかかります。
私は100マイル以上走る予定ということがあらかじめわかっていたので、
先に支払いしました。

500マイル以上走る予定だったので、
上記のパッケージ料金500マイル×2の約30,000程度を払った覚えがあります。
100マイルなんて、旅行してたらあっという間です。
絶対に超えると思うので、先にお支払いしておくことをおすすめします。
パッケージ料金で先に支払いをしておいた方が少し安上がりです。

 

 f:id:pochicanada:20171003234014j:image

 

 

 

 



最低レンタル日数    

 

キャンピングカーは、1日からのレンタルはできません。
上記の日本語ホームページによると最低7日のレンタルが必要です。
以前私が借りた際には最低レンタル日数は4日だったので、
5日間ほど借りたのですが、条件が変わってしまったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 
こうしてみるとなかなか条件がきついですね。
特に、最低レンタル日数が7日というものがなかなか難しい。
そして土日に営業所がやっていない、朝一から借りることができないというのも、
私が借りる際にはネックでした。
しかし、いざ借りると、楽しくて楽しくて仕方なくなります(笑)。
できるだけキャンピングカーでの時間を増やしたくなるので、
少し観光のための時間が減ってしまうかもしれません(笑)。
しかしそれもそれで楽しいです。
大切な仲間とキャンピングカーで過ごす優雅な時間、一生の思い出になること間違いなし。    

  

f:id:pochicanada:20171003234435j:image 

 

 

 

何人まで乗ることができるのか?

3人乗り~最大で7人乗りのキャンピングカーがあります。
人数によって車の大きさが変わってきますので、最初に人数を確定してから予約しましょう。 
私は5人乗りと7人乗りを借りたことがあります。
7人乗りは小型バスくらいの大きさなので、運転が苦手な方は注意。
ちなみに、5人乗りの時は3人で、7人乗りの時は6人で借りました。
設定人数よりも少ない人数で借りたので、とても快適に過ごすことができました。

 

 

至福のキャンピングカー入門―人生を10倍豊かにする

至福のキャンピングカー入門―人生を10倍豊かにする

 

 

 

  気になるお値段は?

 一番気になるお値段ですが、借りる場所や時期によっても値段が異なります。


私が借りたラスベガスからの金額を見てみると、
五人乗りタイプで、一番安い日は1日6000円~。高い日だと1日13700円。
最低レンタル日数が7日間なので、

一番高い日が7日だとしたら 13700×7=95,900円
もし5人で行くとすれば、95900÷5=19,180円
5人で7日間借りて一人あたり19,180円

これはなかなかお得な値段ではないでしょうか?
プラス、長距離走る方には長距離料金、ガソリン代(大体リッター3~4キロ)
その分宿泊代は少し浮きます。

私の場合は3人で5人乗りを借りたので、もうちょっとお金はかかってしまいましたが、食事なども自炊、宿泊もキャンプサイトだったので、
結果的にはキャンピングカーでもそうじゃなくても同じくらいのお金がかかっていたんじゃないか、と思います。
ガス代だけは結構高くついてしまいますのでご注意ください。
次の記事ではキャンピングカーで泊まる場所についてご説明します。 ではでは~!

 

 

www.blue-ribbon.fun