天空の城ラピュタについて調べてみた。

 

 

 

ちょうど先日、ジブリの名作「天空の城ラピュタ」が放送されていました。
何回も見てるし、今日は早く寝たいからいいかな。そう思っていたけれど、
なんとなく気になりテレビをつけて、結局最後まで見てしまう。
そんなジブリの中でも名作中の名作。

ジブリ作品を見ていると、旅行行きたい病が発症してしまいます。

今日は、そんなラピュタについて調べてみました。

 

f:id:pochicanada:20171001015512j:plain

 

 

天空の城 ラピュタ

公開日
上映時間
1986年(昭和61年) 8月2日 日本 124分04秒22コマ
サイズ カラー ワイド  
上映スクリーン数 東映洋画系103館
制作期間 1985年6月15日 1986年7月23日
作画枚数 6万9262枚
使用色数 381色
キャッチコピー ある日、少女が空から降ってきた…
同時上映 名探偵ホームズ」「ミセス・ハドソン人質事件」「ドーバー海峡の大空中戦!」

 

監督である宮崎の小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、
原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品である。
この映画をきっかけに設立されたスタジオジブリ制作映画の1作品目となった。
興行こそ数字的には振るわなかったものの、配給した東映による観客満足度調査は97.7%と高く、物語は幅広い年齢層に支持され、ビデオ販売は好調であった。
ラピュタ」という名称は、スウィフトの『ガリヴァー旅行記』に登場する、空を飛ぶ島にある王国「ラピュタ王国(en:Laputa)」からとったもの。劇中に空飛ぶ島の物語を空想した人物としてスウィフトの名前も出てくるが、名前の借用以外は『ガリヴァー旅行記』との関連はない。19世紀後半、産業革命期のヨーロッパを元にした架空世界での冒険を描く。

 

 

1986年に上映ということは、今年で31年目ということになります。
そのうち、テレビ放送回数は16回
平均視聴率はなんと18.8%
近年ではインターネットの普及が進んでいるので、以前より視聴率は下降気味ですが、16回も同じ映画をテレビ放送していて平均が18%ってすごい数字だと思います。

改めて宮崎駿の偉大さが分かった気がします。

 

 

 

 

好きなジブリ映画ランキングでは第6位

 ん?思ったより下ですね。
ナウシカと1位、2位を争うかと思いましたが。

1位 「となりのトトロ

2位 「千と千尋の神隠し

3位 「もののけ姫

4位 「風の谷のナウシカ

5位 「ハウルの動く城

6位 「天空の城 ラピュタ

 

ユーザー投票ランキング:好きなジブリ映画

 

このランキング、10位にはなんと「借りぐらしのアリエッティ」が入っていました。
投票した年齢層が少し若い方向けのような気がします。
ちなみに興行成績でいうと「千と千尋の神隠し」がダントツの1位だそうです。

 

 

 

 

彼氏・彼女にしたいジブリキャラランキング

 

f:id:pochicanada:20171001020915p:plain

 

www.movient.net

 

パズーは5位、シータは2位。
う~ん、シータはいいとしても、パズーはもうちょっと上位でもよくない? 
アシタカ人気はさすがですね。
ジブリは魅力的なキャラクターが多いので、好きなキャラクターを絞るのは確かに難しいです。

 

 

 

 

 

ラピュタのモデルとなった場所ってどこ?

 旅行好きの私としてはこれが一番気になったので調べてみました。

 

 

 

イギリス/ウェールズ地方

 ここは公式でも発表されているそうです。
確かに、ラピュタっぽい!

f:id:pochicanada:20171001222523j:plain


f:id:pochicanada:20171001013337j:image

 

 ロンドンから列車で2時間かかるそう。
日本から直接ウェールズ地方に向かおうと思ったら、カーディフに空港があるようです。
最安値のフライトを選ぶと、
羽田ーカーディフで2回乗換でかかる時間はなんと、22時間!
f:id:pochicanada:20171001013607j:image
と、遠い・・・。( ^ω^)・・・
行くとしたら一週間は休みが欲しいところ。
どちらにせよ、ロンドン経由で行った方が時間の節約もでき、ロンドン観光もできますね。

 

 

 

 

 

フランス/モン・サン=ミシェル

モン=サン=ミシェルMont-Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。

カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産文化遺産)に登録され、
1994年10月にはラムサール条約登録地となった。

 

 

モン・サン=ミシェルには行ったことがありますが、
個人的には特に「ラピュタっぽいな~」と感じることはありませんでした。
もちろん綺麗でしたけどね。
モン・サン=ミシェル世界遺産にも登録されています。

f:id:pochicanada:20171001014903j:plain

f:id:pochicanada:20171001014857j:plain

 

 

 

でも確かに、こうやって全体を見ると似ていますね。

f:id:pochicanada:20171001015540j:plain

f:id:pochicanada:20171001015536j:plain

 
パリからもバスで4時間ほどで行くことができ、日帰りツアーもあります。
私はパリから電車でレンヌまで行き、レンヌからバスに乗り換えていきました。

 電車の中から見る景色ものどかでとても綺麗でした。


過去にCMで使われたことがあり、日本人観光客で溢れかえっています。
レストラン・お土産屋などに日本語の看板もあるほど。
知り合いのカナダ人にモン・サン=ミシェルの話をしましたが、
聞いたことも見たこともないとのこと。
日本での知名度は抜群ですが、世界的にはそうでもないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

イタリア/チヴィタ・ディ・ バニョレージョ

チヴィタ・ディ・バーニョレージョCivita di Bagnoregio)は、

イタリア共和国ラツィオ州ヴィテルボ県バニョレージョに属する分離集落(フラツィオーネ)である。

2500年以上前にエトルリア人によってつくられた都市であるが、台地辺縁部の崩落によってその上の建物が崩れる危機に常にさらされており、「死にゆく町」(il paese che muore)とも言われる。

 

ラツィオ州の北部、ウンブリア州との州境にあり、人気の避暑地ボルセーナ湖の東に隣接する。
バニョレージョの中心から東に約2km離れた、テヴェレ川に面した凝灰岩の台地上にある。冬の人口は12名で、夏の人口は100名を超える。

 

 

調べるまで聞いたことがない場所でした。
冬の人口が12名ってすごいですね。
残りの88名ほどはどこへいってしまうのでしょう。
しかし神秘的なところがラピュタのような雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:pochicanada:20171001220550j:image 

 

場所を調べてみたらローマとフィレンツェの間。
結構便利な場所にあるな!と思って、以前の記事でも書いた「Go Euro」で調べてみました。

 

近いけれどアクセスが悪いようで、乗換え込みで8時間ほどかかってしまう模様。
車が運転できれば、ローマから5時間で行けるようです。

 

f:id:pochicanada:20171001224943j:plain

www.blue-ribbon.fun

 

 

 

 

 

ペルー/マチュピチュ

マチュ・ピチュ英語Machu Picchuケチュア語:Machu Pikchu、スペイン語:Machu Picchu) は、15世紀インカ帝国遺跡で、アンデス山麓に属するペルーウルバンバ谷に沿った山の尾根(標高2,430m)にある。

当時、インカ帝国首都クスコで、標高3,400mに位置する。標高2,430mのマチュ・ピチュから、さらに約千メートル高い場所にその首都があった。現在のクスコはペルー有数の都市でその市街地は世界遺産文化遺産)である(1983年に登録された)。

なお、インカ帝国1533年スペイン人による征服により滅亡したが、アンデス文明文字を持たないため、マチュ・ピチュの遺跡が何のために作られたのか、首都クスコとの関係・役割分担など、その理由はまだ明確にわかっていない。

世界遺産:マチュピチュ

 

マチュピチュも世界的に有名な世界遺産
日本からのツアーも多数出ているので、距離は遠いですが、
時間さえあれば比較的行きやすいです。
「天空都市」という意味ではラピュタに最も近いかもしれません。

 

 f:id:pochicanada:20171001220555j:image

 

世界遺産 マチュピチュ完全ガイド (地球の歩き方 GEM STONE 25)

世界遺産 マチュピチュ完全ガイド (地球の歩き方 GEM STONE 25)

 

 

 

 

 

 

 

 

スロバキア/スピシュ城

スピシュスキー城またはスピシュ城("スピシュの城"、スロバキア語Spišský hrad)は、東部スロバキアプレショフ県レヴォチャ郡スピシュスケー・ポドフラジエ市(Spišské Podhradie、スピシュの城下)郊外にある
現在は廃墟であるが、中欧でも大きな城の一つである。

1970年に城跡の総合的な復元を目的とする遺跡および歴史的建造物の調査が開始され、現在はスロバキア国立博物館レヴォチャ・スピシュ博物館(Slovenské národné múzeum - Spišské múzeum v Levoči)によって徐々に復元作業が進められている。

城内は5月から10月までの間は毎日(4月および11月は予約限定)一般公開されており、2006年には約17万人が来場した。またドラゴンハート(1996年・米映画)、冬のライオン(2003年・英テレビ映画)、The Last Legion(2007年・米映画)などの映画ロケ地にも使われている。

 

 

 

個人的に一番行ってみたいところです。
廃墟という点においても、緑がいっぱいという点においても、ラピュタそっくり。

f:id:pochicanada:20171001220827j:image

 

 

日本から行くには、まずプラハ空港に向かい、
プラハから電車で向かう方法があります。
これは、プラハ~スピシュスケー・ポドフラディエ(スピシュ城の麓の町)の
電車所要時間と料金です。
プラハからは電車で7時間ほど。
時間はかかりますが、どうにかして時間を作ってでも行ってみたい場所ですね。

f:id:pochicanada:20171001231531j:plain

f:id:pochicanada:20171001231534j:plain

 

 

世界にはまだまだ行ったことないところだらけ。
生きているうちに色んな国に行けますように。